FC2ブログ

ガンからの回復と健康をめざす旅日記

TOP >  通院治療 >  画像検査、診察、通院治療(2018/10/16)

画像検査、診察、通院治療(2018/10/16)

今日は画像検査、診察と通院治療のフルコースでした。

月一回の腫瘍マーカー検査もありました。
結果はCEAの値が前回に比べて1.7ポイント上昇で11.1ng/mlでした。
画像検査の結果は、所見待ちですが、主治医が見たところでは現状維持です。

治療の方も今回からサイラムザが復活しました。前2クールは痔による出血で見合わせていたので、マーカー値が上がったのもそれが影響しているかもしれないということで、次回(11月6日)の治療を同じに行って、11月27日の検査で腫瘍マーカーの確認することになりました。

余談ですが、ノーベル賞騒ぎでの話やオプジーボに関して、主治医や治療センターの看護師に聞いてみました。

<主治医>
オプジーボの奏功率は2割くらいです。副作用はあまりないけど、使ってみないとわからないということです。
僕に対するオプジーボを使うのはまだまだ先と言うことです。
ついでに、今の薬が耐性を持って効かなくなった時の、次回の薬について
聞いたところ「テセントリク」という、今年1月に承認された免疫チェックポイント阻害剤が使えるかもと言われました。最近この薬の奏功率が高いという記事を読んだばかりなので期待が持てます。

<看護師>
やはり患者さんからは使えるかどうか聞かれるそうです。
実際に投与されてる方からは、副作用がないように報道されているけど、
私は副作用が出てると言われたと言っていました。
それでもノーベル賞が決まった時は喜び合ったそうです。

治療後は病院内で行われているがんサロンに参加してきました。
今日のテーマは食事に関してのお話でした。治療で食欲不振や味覚障害の時の食事はどうしたらいいかとかのお話があったみたいです。僕は治療がずれ込んで途中からの参加でしたので、既に試食タイムになっていました。トマトのスープうどん、コーンスープ(冷,温)、麩でつくったティラミスを試してみました。帰りには何本かのジュースをお土産にもらいました。

処方箋をもらい、その後は西小山で鍼とリンパマッサージをして、さらにその後に友人と二子玉川高島屋の鼎泰豊(テイタイホン)で小籠包を食べて帰宅。一気にいろんなことを行ったので疲れました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可