FC2ブログ

ガンからの回復と健康をめざす旅日記

TOP >  ★闘病生活 >  肺がん医療向上委員会セミナー参加

肺がん医療向上委員会セミナー参加

今日は赤坂紀尾井町で行われた肺がん医療向上委員会セミナ主催の特別講演
「肺がん領域におけるプレシジョン・メディシン:その影響と将来」
を拝聴してきました。

プレシジョン・メディシンに関しては、昨年11月にNKHスペシャルで放送され
その時に初めて聞いた単語でした。放送当時はがんが見つかった直後で、がんに
対する知識もあまりない時だったので放送内容も良くわからない感じでした。

今回セミナーの内容はSCRUM-JAPANというプロジェクトで、どのようなことが行われているかということでした。

SCRUM-JAPANとは日本初の産学連携全国がんゲノムスクリーニングプロジェクトのことです。
目的は希少肺がんの遺伝子をスクリーニングにより、希少頻度の遺伝子異常をもつがん患者を見つけ出し、遺伝子解析の結果に基づいた有効な治療薬を届けること。
複数の遺伝子異常が同時に検出できるマルチプレックス診断薬を臨床応用すること。
です。

この希少頻度の遺伝子異常をもつがん患者を見つけるために、遺伝子検査を行い該当患者に対して最適な分子標的薬を投与していきます。
現状は遺伝子検査を行うには、がん細胞を取り出して遺伝子検査を行っていますが、近い将来では血液で検査ができるようになるそうです。

色々専門用語で話されたので内容的には難しかったですが、遺伝子レベルでの検査と最適な治療薬の投与ができ、奏効率が高くなるとのことでした。

対象症例は
肺がん
消火器がん(大腸、胃、食道、小腸、虫垂、肛門管、消化管原発神経内分泌がん)
です。

今自分が通っている病院もSCRUM-Japanに参加しているので、次回の検査の時に話を聞いてみようと思います。

SCRUM-JAPANの詳細については以下のからアクセスしてください。

遺伝子検査に掛かる費用は患者は無料とのことでした。






関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可