FC2ブログ

ガンからの回復と健康をめざす旅日記

TOP >  FUTABA Discツーリング >  2018年ゴールデンウイーク 1日目

2018年ゴールデンウイーク 1日目

2018年ゴールデンウイークのサイクリングは、中央構造線に沿った秋葉街道を三泊四日でサイクリング。

<1日目(5月3日)>
朝4時に起床したら、外は大雨。雨具を着こみ武蔵新城駅まで走り輪行。
八王子6時35分発普通列車松本行きに乗るために5時5分の南武線に乗る。
八王子駅に到着。朝から大雨の影響で登山客がほとんどいない。
楽勝で席が確保でき、自転車も迷惑なく置けた。

鈍行列車で4時間強掛けて岡谷駅に到着。既に特急あずさで来ていた仲間と合流。
まずは天竜川に沿って伊那まで向かう。天竜川も最初は目黒川くらいの川幅だ。
天気は回復傾向なのだが、強烈な向かい風(南風)で体力が消耗していく。

伊那の手前の手打ち蕎麦屋に、別行動の仲間の自転車が止まっていた。
店に入ると、仲間から既に蕎麦は売り切れだから無理と言われて諦めて、伊那の
街中でお昼を食べるところを探す。あちらこちらに名物ローメンという看板が出ているが、蕎麦屋が見当たらない。物は試しとローメン発祥の店萬里でローメンを食してみたが、ラーメンでもなく焼きそばでもなく何とも不思議な食べ物だった。





相変わらずの向かい風であるが、天気が良くなってきたので、火山峠→中沢峠→分杭峠で大鹿村までのコースで行くことにした。
火山峠はさほどきつい峠ではないのだが、向かい風の影響できつく感じた。

東伊那から中沢峠までの標高差は750m。体力の消耗が激しく足が回らなくなってきた。途中押したりしながら何とか中沢峠に到着。









既に時間は17時。あと数キロで分杭峠。何とか到着。後は大鹿村までは下り。
さすがにこの時間の分杭峠はゼロ磁場観光客はいない。少し休んで、一気に大鹿村に向かって下っていく。



宿には18時40分頃到着。しかし、先に来ていると思っていた別行動の仲間が到着していない。どうしたことか?ちょっと心配。
とりあえず、順番に風呂に入る。しばらくしたら仲間が到着した。携帯電話を家に忘れて、宿がどこだか分らなく、公衆電話から大鹿村の旅館、民宿に片っ端に電話をかけたどり着いたそうだ。

大鹿村には鹿塩温泉がある。しかし、毎年5月3日は村で歌舞伎が上演され、それを
見に来る観光客で旅館は満室であった。原田芳雄の遺作映画「大鹿村騒動記」の影響もあるのか?

今回泊まった宿は民泊あたらしやという宿。何とも言えないたたずまいの宿である。
しかし、夕飯は大皿料理であったが女将さんの手作り料理で大変美味しかった。
手作り豆腐、山菜のてんぷら、なすの煮物、五平餅などなど
着いたのが遅かったために食事が終わったのは22時前。
部屋に戻り夢の中!



2日目に続く

おっと!大事なことを書くのを忘れてた。

JR東海が開通を目指しているリニアモーターカーの工事であるが、
南アルプスにトンネルを通す工事が始まっている。このトンネル工事が
大鹿村で行われている。既に沢山の工事車両が行き来しているそうだ。
一旦は大鹿村が工事契約を破棄したとニュースになったみたいだが、
再度締結したそうだ。
しかし、大鹿村には1円もお金が入ってこないそうだ。工事による車両の
行き来と景観破壊だけが行われていくことになるそうだ。
村としては泣き寝入りするしかないそうだ。
サイクリストの聖地がどんどん破壊されていく。
行ける方は今のうちに行っておくのがいいのではないか。





関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可